たかじょーらんど

〜 最強サラリーマン列伝 〜

20年コーヒーを販売しているプロに聞いたコーヒー豆の保存方法を紹介するよ!

この記事をシェアする

f:id:takajoz89:20170611230418j:plain
こんにちは、たかじょー(@takajozland)です

 

みなさんコーヒー豆はどうやって保存していますか?

実はコーヒー豆はどんな食材よりも気を使って保存すべきものなのです

今回はぼくのやりかたも含めてご紹介します!

スポンサーリンク
 

なぜコーヒーは保存に気を使う必要があるの?

ぼくは週に一度コーヒー豆を買いに行きます、逆にいうとぼくは1週間で豆を使い切ってしまいます

実はこれすごく大事です

コーヒー豆にも鮮度があり、煎ってから使うまでの期間が短いに越したことはありません

おいしいコーヒーを飲みたいのであれば1,2週間に一度、使い切れる分だけ購入しましょう

そしてその鮮度を保つために適切な保存方法というのがコーヒー豆には存在します

この記事にたどり着いていただいたあなたは、コーヒーを豆から淹れて飲むという程、コーヒーにこだわりがありますよね?

妥協してコーヒーを飲むという方なら缶コーヒーやインスタントコーヒーを選ばれているのではないでしょうか

コーヒーにこだわるのであれば豆の保存方法は切っても切れない関係にあります

 

コーヒーが消臭剤の役割をするというのを聞いたことがありませんか?

実はコーヒーが持つ消臭効果にヒントがあります

コーヒーの消臭効果は「コーヒー豆が構造上、異臭の原因であるアンモニアと結合しやすい」というところにあります

結合するということはコーヒー豆にアンモニアが付着するわけですね

これが厄介なんです

消臭剤としてつかうコーヒーなら問題ありませんが、コーヒーはまず飲むことが第一ですよね?

正しい保存をしていないと外気に微量に含まれるアンモニアとコーヒー豆が徐々に結合してしまい味を劣化させてしまうのです

 

ぼくのコーヒー豆保存方法

ぼくが実際にやっている保存方法をご紹介します

ぼくはタッパーにいれてそれを冷蔵庫で保管しています

こんな感じ

f:id:takajoz89:20171002231710j:plain

タッパーで密閉していることで外気と触れることをなるべく少なくして味の劣化を防いでいます

また、冷蔵庫にいれることで豆の品質も保っています

 

 

 

絶対に抑えなきゃいけない3つのこと

密閉する

上でもご紹介しましたが、密閉をできるもの(タッパーなど)に入れて保管しましょう

消臭効果が働いてしまい、せっかくのコーヒーの味を劣化させてしまいます

たとえ密閉してあっても匂いの強いものの近くには置かないほうがよいです

なんらかの拍子に匂いが移ってしまうおそれがあります・・・

 

 

冷蔵庫または冷凍庫に保管する

鮮度を保つためには冷蔵庫や冷凍庫に保管しましょう

基本的には冷蔵庫で問題ありませんが、以下を目安にしてください

  • 挽いてあるコーヒー豆の場合は2~3週間
  • 豆のままであれば1ヶ月~1ヶ月半

これ以上の期間を保管する場合は小分けにして冷凍庫に保管し、使う分だけ解答して使いましょう

 

できるだけ早く消費する

ここまでくるとくどくなってしまいますが、コーヒー豆は鮮度が命です

コーヒーは香りを楽しむものでもありますので、適切な保存をしていても劣化は防げません

コーヒー豆を買うときはできるだけ1,2週間で消費できる量だけ購入し、なくなったら買い足しに行くほうが美味しいコーヒーを飲むことができます

 

まとめ

今回はコーヒー豆の保存方法についてご紹介しました

ぼくは毎日3倍ぐらいはブラックで飲んでいますので年間900杯ぐらいはいってるんじゃないでしょうか

やっぱりコーヒーは鮮度が命だなーと感じます

せっかくいい豆を買っても鮮度が落ちた状態では美味しくのめません

皆さんはスーパーで買って、冷蔵庫に数週間も放置しないですよね?

それと同じことがコーヒー豆にも言えます

正しい保存をして、美味しくコーヒーを飲みましょう!

 

ぼくのオススメコーヒーはこちら

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました~

スポンサーリンク