たかじょーらんど

〜 最強サラリーマン列伝 〜

100記事を超えて思うこと その2

この記事をシェアする

f:id:takajoz89:20170830230808p:plain

こんにちは、たかじょー(@takajozland)です

 

単発で終わろうと思っていた「100記事を超えて思うこと」ですが、いろいろ思うことがあって「その2」を書いてみました

 

スポンサーリンク
 

その1はこちらから

takajoz-land.hatenablog.com

 

今思ってること

なんやかんやでサラリーマンを続けながら11記事を続けられたことは自分のなかでは大きな財産ではあります

 

その1の記事では当分は11記事を続けると言ってはいますが、その気持ちへの揺らぎもあります

 

記事の量産というのはメリットとデメリットがあると思っています

 

メリット

やっぱりブログの根幹にあるものは文字や文章です

デザインも大事ではありますが文字がなければ何も生み出すことはできません

なのでぼくは何よりも文字を大事にしています

どんなに綺麗なデザインを持っていても文章がポンコツだったらだめだとおもうんですよ!

それに、ぶっちゃけデザインは後からなんとでもなります

 

 

デメリット

量産自体にデメリットはないと思ってます

ただ量産によって1記事のクオリティが下がってしまうことが唯一のデメリットではないかと考えています

11記事というノルマを設定してしまったために、「どんな低いクオリティでもいいから1記事書く」になってしまわないかという懸念は常に持ち続けています

ブログのやり始めのころは「低いクオリティでもいいか」というのはゆるされるかもしれません

でももうそういう時期ではないことは自分の中でもわかっています

サラリーマンをやりながらということで時間が取れないのは事実ですがそれを言い訳には絶対にしたくない

現にゲームやったりテレビを見る時間も確保しています

おそらくその時間さえ削れば、もっといろいろ加速できます

しかしぼくは趣味も大切に生きていきたい、ゲームから学ぶこともたくさんあります

長くなってしまいましたが、言いたかったのはクオリティの低下ってことです

 

まとめ:クオリティは上げねば

また自分語りみたいな記事でしたが、やっぱりクオリティは上げていきたい

ブログ界には偉大な先輩方がたくさんいます、その人たちに記事数ではなかなか追いつけません

でもクオリティならなんとか勝てる部分はあります

ブログを始めてもう5ヶ月目、言ってしまえば一年生

まだまだ悩んで成長するチャンスあり!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました~

スポンサーリンク